女郎花

家持
秋の田の穂向き見がてり我が背子がふさ手折り来るをみなへしかも

古今集 遍昭
名にめでて折れるばかりぞ女郎花我おちにきと人にかたるな

古今集 敏行
秋の野に宿りはすべし をみなへし名をむつまじみ旅ならなくに

古今集 貫之
たが秋にあらぬものゆゑ をみなへし なぞ色にいでてまだきうつろふ

古今集 忠岑
人の見ることや苦しき をみなへし 秋ぎりにのみたち隠るらん

古今集 忠岑
ひとりのみながむるよりは 女郎花 わがすむやどにうゑて見ましを

古今集 兼覧王
をみなへしうしろめたくも見ゆるかな あれたるやどにひとり立てれば

古今集 平貞文
花にあかでなに帰るらん 女郎花おほかる野べにねなましものを

小町
たれをかもまつちの山の女郎花秋をちぎれる人ぞあるらし

後撰集 興風
をるからにわがなはたちぬ女郎花いさおなじくははなはなに見む

後撰集 貫之
白妙の衣かたしき女郎花咲ける野辺にぞ今宵寝にける

後撰集 貫之
名にしおへばしひてたのまむ女郎花花の心の秋はうくとも

拾遺集 貫之
かりにとて我はきつれどをみなへし見るに心ぞ思ひつきぬる

拾遺集 貫之
かりにのみ人の見ゆればをみなへし花のたもとぞ露けかりける

後撰集 躬恒
織女ににたるものかな女郎花秋よりほかにあふ時もなし

後撰集 枇杷左大臣仲平
女郎花折りけん袖のふしごとに過ぎにし君を思ひいでやせし

後撰集 伊勢
女郎花折りも折らずもいにしへをさらにかくべき物ならなくに

好忠
女郎花にほへる宿し見るなべにはた織る蟲ぞ夜半に鳴くなる

重之
行く水の岸ににほへる女郎花しのびに浪や思かくらん

源氏物語・手習
あだし野の風になびくな女郎花われしめゆはん路遠くとも

源氏物語・手習
移し植ゑて思ひ乱れぬ女郎花浮き世をそむく草の庵に

紫式部
白露は分きても置かじ女郎花心からにや色の染むらむ

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 きりぎりす くつわむし 鉦叩 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集
お得区案内図