野分

定家
荻の葉にかはりし風の秋のこゑやがて野分の露くだくなり

良経
きのふまでよもぎに閉ぢし柴の戸も野分にはるる岡のべの里

芭蕉野分して盥に雨を聞夜哉 芭蕉

吹とばす石はあさまの野分哉 芭蕉

猪もともに吹るる野分かな 芭蕉

晴てけさ空はよごれぬ野分哉 也有

鶏頭に牛の刀の野分かな 也有

雲さはぎ米買ひさはぐ野分哉 也有

鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分哉 蕪村

門前の老婆子薪貪る野分かな 蕪村

船頭の棹とられたる野分哉 蕪村

鴻の巣の網代にかかる野分哉 蕪村

野分して鼠のわたるにわたずみ 蕪村

あかつきのやねに矢のたつ野分哉 蕪村

先ふたつ瓦ふくもの野分かな 蕪村

恙なき帆柱寐せる野分かな 蕪村

市人のよべ問かはすのはきかな 蕪村

客僧の二階下り来る野分哉 蕪村

関の燈をともせば滅ゆる野分哉 蕪村

西須磨を通る野分のあした哉 蕪村

妻も子も寺で物くふ野分かな 蕪村

榎野分にて浅間の煙余所に立 蕪村

底のない桶こけ歩く野分哉 蕪村

元興寺の塔依然たる野分かな 蕪村

浅川の水も吹散る野分かな 太祇

渡し守舟流したる野分哉 太祇

枝裂てしろりと明る野分哉 太祇

雪隠のかきがねはづす野分かな 召波

岩角をふみかく駒の野分かな 青蘿

山は虹いまだに湖水は野分哉 一茶

せい出して山湯のけむる野分哉 一茶

裸児と烏とさはぐ野分哉 一茶

寝むしろや野分に吹かす足のうら

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 名月 今日の月 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図