和歌と俳句

浅間山

春星や女性浅間は夜も寝ねず 普羅

ひえびえと浅間がすわる春の宵 普羅

つかの間の春の霜置き浅間燃ゆ 普羅

浅間なる煙が染むる春の雪 普羅

栂の芽や法衣さびたる浅間山 普羅

浅間山巽の水に山葵畑 普羅

浅間燃え春天緑なるばかり 普羅

われと居てに堪ゆる浅間山 普羅

浅間なる幾沢かけて遅桜 普羅

浅間こす夕日に追はれ畦をぬる 普羅

浅間山蟹棲む水の滴れり 普羅

浅間なる照り降りきびし田植笠 普羅

郭公や浅間の裾が雲を出づ 秋櫻子

雲の中に雪あたらしき浅間見ゆ

初秋の浅間裾野に夜雨はげし かな女

新涼の浅間晴れんとして蒼し かな女

浅間山空の左手に眠りけり 波郷

迷ひゐる雲や浅間は雪ならん 虚子

木枯に浅間の煙吹き散るか 虚子

瘤山も浅間も霧に逆らへり 普羅

ひとところ八千草刈るや浅間山 普羅

霧凝ると見しは浅間嶺が噴くけぶり 秋櫻子

浅間嶺の麓まで下り五月雲 虚子

青空や雪の浅間の両開き 草田男

浅間背に日覆したる家並び 虚子

山垣やひとり雪置く遠浅間 たかし

冬の浅間は胸を張れよと父のごと 楸邨

雪照る浅間伏目といふはゆるされず 楸邨

咲けり浅間をのぼる雲みだれ 秋櫻子

浅間が叱し遠山応ふ日雷 草田男

高雲に消ぬる浅間や夕ざくら 秋櫻子

新緑の浅間雪なく雲もなし 秋櫻子

浅間立ち月天四方に凍りけり 秋櫻子