金村歌集
高円の野辺の秋萩いたづらに咲きか散るらむ見る人なしに

金村歌集
高円の野辺の秋萩な散りそね君が形見に見つつ偲はむ

金村
草枕旅行く人も行き触ればにほひぬべくも咲ける萩かも

縁達師
宵に逢ひて朝面なみ名張野の萩は散りにき黄葉早継げ

旅人
我が岡の秋萩の花風をいたみ散るべくなりぬ見む人もがも

大伴坂上郎女
咲く花もをそろはいとはしおくてなる長き心になほしかずけり


古今集 敏行
秋萩の花さきにけり 高砂のをのへの鹿は今やなくらん

古今集 躬恒
秋萩の古枝にさける花みれば本の心はわすれざりけり

後撰集 貫之
往還り折りてかざゝむ朝な朝な鹿立ならす野辺の秋萩

後撰集 貫之
秋萩の色づく秋を徒にあまたかぞへて老ぞしにける

新古今集 匡房
河水に鹿のしがらみかけてけり浮きてながれぬ秋萩の花

後拾遺集 天台座主源心
のこりなき命を惜しと思ふかな宿の秋はぎ散りはつるまで

詞花集 周防内侍
朝な朝な露おもげなるが枝に心をさへもかけてみるかな

俊成
見るからに袖ぞ露けき世中を鶉鳴く野の秋萩の花

俊成
このさとのま萩にすれる衣手をほさで宮この人にみせばや

俊成
きみがよは遠里小野の秋はぎも散らさぬほどの風ぞ吹きける

俊成
小萩咲く野辺をば人の栖にて鹿は宿にや鳴かむとすらむ

俊成
あたらしや露けき野辺にたつ鹿の上毛にうつる萩が花ずり

西行
分けて出づる庭しもやがて野邊なれば萩のさかりをわが物にみる

西行
衣手にうつりし花の色なれや袖ほころぶる萩が花ずり

西行
亂れ咲く野邊の萩原分け暮れて露にも袖を染めてけるかな

定家
風ふけば枝もとををにおく露の散るさへをしき秋萩の花

定家
露分くる野原のはぎの花ずりは月さへそでにうつるなりけり

定家
わすれ水たえまたえまのかげ見ればむらごにうつる萩が花ずり

定家
さきにけり野邊わけそむるよそめより蟲のね見する秋萩の花

定家
散らば散れ露わけゆかむ萩原や濡れての後の花のかたみに

定家
秋たけぬいかなる色と吹く風にやがてうつろふもとあらの萩

定家
秋萩のゆくての錦これもまた幣もとりあへぬ手向けにぞをる

実朝
路のべの小野の夕霧たちかへり見てこそゆかめ秋萩の花

実朝
見る人もなくて散にき時雨のみふりにし里の秋萩の花

定家
もろ人の心いるらしあづさゆみひくまの野邊の秋萩の花

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 葛の花 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
お得区案内図