和歌と俳句

馬追 うまおい すいつちょ

晶子
ある宵の あさましかりし ふしどころ 思ひぞいづる 馬追啼けば

晶子
手にとれば青玉をもて刻まれし虫のここちに青きすいつちよ

晶子
薄青きかなしみ我す夜ごとにすいつちよの啼く秋の来れば

晶子
馬追が腰のあたりへ啼きに来ぬ草に倦きけん土に倦きけん

茂吉
馬追は 庭に来啼けり 心ぐし 溜りし為事 いまだはたさず

茂吉
馬追は つひに来啼けり さ庭べの 草むらなかに 雨ふるおとす

茂吉
いそぎ啼く 馬追がねや めざめゐて 心さびしめる われもこそきけ

茂吉
あかときは いまだをぐらし さむざむと わがまぢかくに 馬追なけり

茂吉
あわただし 明暮夜の まぐりさへ 言問はぬかなや 青き馬追

牧水
いつしかに耳に馴れたる馬追虫のこよひしとどに庭のうちに鳴く

牧水
やすらかに 足うち伸ばし わが聞くや 蚊帳に来て鳴く 馬追虫を

牧水
家人の ねむりは深し 蚊帳にゐて 鳴く馬追よ こゑかぎり鳴け

晶子
川岸の草むらに居てつつましく三味をさらへぬ馬追虫は

爽雨
馬追の鳴音ひびける壁に倚り

茂吉
馬追のすがしきこゑはこのゆふべ変りはてたる庭より聞こゆ

耕平
月させば大きく光る芋の葉に馬追一つ鳴きいでにけり

秋櫻子
馬追のまづ鳴きいでし良夜かな

秋櫻子
ふるさとや馬追鳴ける風の中

秋櫻子
馬追や露の玻璃戸に真逆様

悌二郎
風つよく馬追鳴かずなりにけり

石鼎
馬追や月を背ひに倚る柱

草城
ふけて鳴く馬追を飼ふ隣かな

素十
馬追の緑逆立つ萩の上

茂吉
馬追の 鳴く夜となりぬ 紀のくにの 高野の山に 七日へしかば

茂吉
馬追の とほれるこゑを 聞くときぞ 山のみ寺は さびしかりける

立子
馬追や更けてありたるひと夕立

爽雨
耳に手にすいつちよ聞え加はりし

風生
馬追のはつたと落ちし橋の上

不死男
鳴き残るすいとの声が筆の先