三日月

大伴坂上郎女
月立ちてただ三日月の眉根掻き日長く恋ひし君に逢へるかも

家持
振り放けて三日月見れば一目見し人の眉引き思ほゆるかも

西行
秋立つと思ふに空もただならでわれて光をわけん三日月

西行
かげうすみ松の絶間をもり來つつ心ぼそくや三日月の空

西行
うづらふす苅田のひつぢ思ひ出でてほのかにてらす三日月の影

俊成
三日月の野原の露にやどるこそ秋の光のはじめなりけれ

三日月や朝顔の夕べつぼむらん 芭蕉

何事の見たてにも似ず三かの月 芭蕉

三日月に地はおぼろ也蕎麦の花 芭蕉

みしやその七日は墓の三日の月 芭蕉

三日月の隙にてすゝむ哀かな 素堂

影ちるや葛の裏葉の三日の月 杉風

駒索の木曾や出らんみかの月 去来

三日月や影ほのかなる抜菜汁 曽良

三日月にひしひしと物の静まりぬ 千代女

三日月の船行かたや西の海 太祇

みか月や膝へ影さす舟の中 太祇

蜀黍の穂首になびけ三日の月 暁台

それ朝の松にかかりて三日の月 一茶

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図