藤袴 ふじばかま

古今集 敏行
なに人かきてぬぎかけし藤袴くる秋ごとに野べをにほはす

古今集 貫之
やどりせし人のかたみか藤袴わすられがたき香ににほひつつ

古今集 素性法師
主しらぬ香こそひほへれ秋の野にたがぬぐかけし藤袴ぞも

後撰集よみ人しらず
藤袴きる人なみや立ちながらしぐれの雨にぬらしそめつる

源氏物語・藤袴
おなじ野の露にやつるる藤袴哀れはかけよかごとばかりも

詞花集 隆源法師
ぬしやたれ知る人なしに藤袴みれば野ごとに綻びにけり

千載集 崇徳院御製
秋ふかみたそかれ時のふぢばかまにほふは名のる心地こそすれ

俊頼
ささ蟹のいかにかかれる藤袴たれを主とて人のかるらん

俊頼
染めかけて籬にさほす藤袴まだきも鳥の踏み散らすかな

俊成
藤袴あらしたちぬる色よりも砕けてものは我ぞかなしき

西行
糸すすきぬはれて鹿の伏す野べにほころびやすき藤袴かな

定家
秋の来てほころびぬとやふぢばかま裾野の原の四方に匂へる

定家
霧の間にひとえだ折らむ藤袴あかぬにほひや袖にうつると

俊成
ふぢばかま草の枕にむすぶ夜は夢にもやがて匂ふなりけり

定家
ぬぎおきし形見も知らず藤ばかまあらしの風の色にまかせて

実朝
秋風になに匂ふらむ藤袴主はふりにし宿と知らずや

良寛
秋の野ににほひて咲ける藤袴折りておくらん其の人なしに

大原女の恋をきかばや藤袴 草城

藤袴白したそがれ野を出づる 鷹女

山のお日瞼にあつし藤袴 鷹女

藤袴手に満ちたれど友来ずも 鷹女

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図