今日の月

たんだすめ住めば都ぞけふの月 芭蕉

命こそ芋種よ又今日の月 芭蕉

木をきりて本口みるやけふの月 芭蕉

蒼海の浪酒臭しけふの月 芭蕉

三井寺の門たたかばやけふの月 芭蕉

土臭き鰡にはあらずけふの月 嵐雪

芋を煮る火のはた恋しけふの月 支考

ともし火も置わするるやけふの月 千代女

井戸からもひとつ汲けりけふの月 也有

美濃近江起てやかたるけふの月 也有

鐘撞や我手におしむけふの月 也有

姨捨や芋は親うるけふの月 也有

仲丸の魂祭せむけふの月 蕪村

月今宵あるじの翁舞出よ 蕪村

盗人の首領歌よむけふの月 蕪村

花守は野守に劣るけふの月 蕪村

かつまたの池は闇なりけふの月 蕪村

桜なきもろこしかけてけふの月 蕪村

けふの月雲井の竜よ心あれ 暁台

人遠く水長うしてけふの月 暁台

けふの月橘色に出る夜ぞ 暁台

百貫の坊に客ありけふの月 召波

木母寺は吐反だらけ也けふの月 一茶

ふしぎ也生れた家でけふの月 一茶

有合の山ですますやけふの月 一茶

小言いふ相手もあらばけふの月 一茶

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図