與謝蕪村

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

仲丸の魂祭せむけふの月

月今宵あるじの翁舞出よ

盗人の首領哥よむけふの月

名月や露にぬれぬは露ばかり

中々にひとりあればぞ月を友

水一筋よりうつす桂河

地下りに暮行野辺のかな

垣根潜る薄ひともと真蘇枋なる

釣上し鱸の巨口玉や吐

餉にからき涙やとうがらし

俵して蔵め蓄へぬ番椒

御園守る翁が庭やとうがらし

うつくしや野分のあとのとうがらし

紀の路にも下りず夜を行くひとつ

長櫃に鬱々たるのかほりかな

巫女に狐恋する夜寒かな

夜を寒み小冠者臥たり北枕

三度啼て聞えずなりぬ鹿の声

折あしく門こそ叩け鹿の聲

鹿鳴くや宵の雨暁の月

卯の花の夕べにも似よしかの声

立聞のこゝちこそすれしかの声

黒谷の隣はしろしそばのはな

なつかしき紫苑がもとの野菊

落し水柳に遠く成にけり

訓読の経をよすがや秋のくれ

さびしさのうれしくも有秋の暮

去年より又さびしひぞ秋の暮

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図