和歌と俳句

赤城山

子規
むさし野を われ行き居れば 上つ毛や 赤城の山に 雪ふれる見ゆ

晶子
大赤城 北上つ毛の 中空に 聳やぐ肩を 秋のかぜ吹く

晶子
上つ毛や 赤城はふるき 牧にして 牛馬はなつ 春かぜの山

晶子
ほととぎす 赤城の山の すそにして 野高き草の 夕月夜かな

晶子
百合をるる 雨は暴雨と 云ひつべき 赤城の山の 八月の路

晶子
冬きたる 大き赤城の 山腹の 雲おひおとす 木がらしの風

晶子
赤城山 百合しろかりし ふもと野の 夜あけを思ふ ほととぎすかな

茂吉
晴れ透る あめ路の 果てに 赤城嶺の 秋の色はも 更け渡りけり

鬼城
赤城山に真向の門の枯木かな

秋櫻子
渡り鳥赤城も見ゆる雲間より

悌二郎
寒き貌いくつ行き過ぎ赤城見ゆ

上村占魚
長月の望を上げたり赤城山

秋櫻子
穂田とほくやがて赤城の裾の雲