和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

あばら屋の永つたらしき雪解かな

一本の梅の風流忠魂碑

の初々しくぞゐたまひし

ゆつくりと山懐の彼岸

犁にただちに乗るを見し

病人の十歩は難し花に笑む

花篝魍魎肩を摩りにけり

六甲を低しとぞ凧あそぶなる

真帆とまり片帆すみやかよき汐干

羽の如散つてはしりし牡丹かな

ひなげしの花びらたたむ真似ばかり

嘴の水こぼれつる濡かな

肘ついての一こゑを聞きながす

蚊火それて灯が宝玉となりにけり

鉄扉して大岩がねの氷室かな

台風をのがれてここに雨の月

月の戸に吉野の早瀬まのあたり

闇汁やさのみならざる外の闇

突きでたる梅の下なり畳替