和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

蓬莱に我が穂の春を祝ぎにけり

麦踏の母の居そめて父も又

燭据うる吾に触れたまふかな

草の戸の能役者たるかな

わが膝に立ちたまふなれ納雛

耕の鍬かろがろと父帰り

童のごとく鵯居る椿かな

石楠花を妻にも見よと持帰る

御紋章あたりをはらふ祭櫃

もりそめしさみだれ傘に身をまかせ

みなづきの水の太白這移る

端居して遠しと信ず古俳諧

エンヂンの響きの海のくらげかな

本陣の語りぐさにと土用干

風早の沖のあたりか秋の波

かなかなに時化のなごりの秋の波

ともし火にしたしみそめて獺祭忌

冷やかに女人高野の路ひとつ

梨の皮潮のほさきに落ちにけり

一茎の寒鮒釣の顔に折れ

滝冱てて神変菩薩架けたまふ

跫音の通天冬に這入りけり

善男をなぶりもぞする十夜

櫃一つ神楽の庭に待ちつつあり

炭窯の路といふなり轍あり