陽炎

定家
くりかへし春のいとゆふいくよへておなじ緑のそらに見ゆらむ

良経
おもかげに千里をかけて見するかな春のひかりに遊ぶいとゆふ

定家
春のおる花のにしきのたてぬきにみだれてあそぶ空のいとゆふ

枯芝やまだかげろふの一二寸 芭蕉

丈六にかげろふ高し石の上 芭蕉

かげろふの我肩に立かみこかな 芭蕉

糸遊に結つきたる煙哉 芭蕉

かげろふや柴胡の糸の薄曇 芭蕉

かげろふや墓より外に住ばかり 丈草

野馬に子共あそばす狐哉 凡兆

かげろふの抱つけばわがころも哉 越人

かげろふやほろほろ落る岸の砂 土芳

かげろふのたつや手まりの土ぼこり 許六

陽炎の中やゆらつく東山 許六

いとゆふや短きものに長いもの 千代女

陽炎やほしてはぬるる水の上 千代女

陽炎ややれぬは水のうたがはし 千代女

三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 陽炎 土筆 蒲公英 紫雲英 苜蓿 薺の花 虎杖 春蘭
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内