春の雨 春雨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

人麻呂歌集
衣手の名木の川辺を春雨に我れ立ち濡ると家思ふらむか

人麻呂歌集
家人の使にあらし春雨の避くれど我れを濡らさく思へば

人麻呂歌集
あぶり干す人もあれやも家人の春雨すらを間使にする

新古今集 伊勢
水の面にあや織みだる春雨や山の緑をなべて染むらむ

匡房
よも山に木の芽はるさめ降りぬればかぞいろはとや花のたのまむ

俊成
ながめするみどりの空もかき曇り徒然まさる春雨ぞふる

俊成
春にあはぬ身をしる雨に降り込めて昔の門の跡やたえなむ

西行
春雨の軒たれこむるつれづれに人に知られぬ人のすみかか

定家
おもふこそかへすがへすもさびしけれあらたの面のけふの春雨

俊成
春雨は軒の糸水つくづくと心ぼそくて日をもふるかな

俊成
つくづくと濡れそふ袖に驚けば降るとも見えで春雨ぞ降る

新古今集 定家
霜まよふそらにしをれし雁が音のかへるつばさに春雨ぞ降る

新古今集 良経
ときはなる山のいはねにむす苔の染めぬみどりに春雨ぞふる

新古今集・雑歌 有家
春の雨のあまねき御代を頼むかな霜に枯れ行く草葉もらすな

新古今集・雑歌 八條前太政大臣
すべらぎの木高き蔭にかくれてもなほ春雨に濡れむとぞ思ふ

定家
あさ緑玉ぬきみだるあをやぎのえだもとををに春さめぞ降る

定家
うつの山わがゆくさきもこととほき蔦の若葉に春雨ぞふる

実朝
あさみどり染めてかけたる青柳の糸にたまぬく春雨ぞふる

定家
旅枕こやもかくれぬ芦の葉のほどなきとこにはるさめぞふる

定家
あさみどり露の玉の緒ぬきもあへずやなぎの糸に春雨ぞ降る

三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 陽炎 土筆 蒲公英 紫雲英 薺の花 虎杖 春蘭
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図