和歌と俳句

春の雨 春雨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

春雨や思ひ沈めばとめどなき 草城

雉子追うてまた耕つ淋し春の雨 石鼎

春雨や刺に紅して茨の芽 石鼎

雉子うちし山の寒さや春の雨 石鼎

春雨や泥にまみれし大鮪 茅舎

桟橋や傘すれ合うて春の雨 みどり女

春雨や浮間が原の昼のほど 万太郎

春雨や嵩ばり萌えて八重葎 泊雲

春雨や空一様の薄明り 石鼎

傘さゝぬまだ人通り春の雨 かな女

鉢伏に雲のかかれば春の雨 虚子

春雨や松の中なる松の笛 風生

傘さして馳け来る女春の雨 淡路女

春雨の中や雪おく甲斐の山 龍之介

春雨や大仏殿のうらの松 石鼎

潦花圃をめぐりぬ春の雨 みどり女

石ころも雑魚と煮ゆるや春の雨 普羅

さしくれし春雨傘を受取りし 虚子

春雨に風添うてゐるお庭かな 石鼎

春雨や今盛りなる伊予みづき 石鼎

春雨の中やいづこの山の雪 龍之介

軒宿り出てのる電車春の雨 爽雨

ひともとの椎にそそぐや春の雨 普羅

春雨や蜷這ひ上る庭の石 普羅

春雨や鉢の切飴色とりどり 播水

春雨や白々けぶる堰の水 泊雲

春雨や山崩のまゝなる温泉の山 石鼎

柴折戸のかくまでぬれて春の雨 石鼎

赤彦
春雨の日ねもすふれば杉むらの下生の笹もうるほひにけり

捨鍬の次第に濡れて春の雨 青邨