和歌と俳句

春の雨 春雨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

春雨や忽ち曇る鷹ヶ峰 虚子

もたし置く春雨傘や茶室の戸 虚子

斯く翳す春雨傘か昔人 虚子

春雨や少し水ます紙屋川 虚子

春雨の傘さしつれて金閣寺 虚子

春雨や磯の纜いくまたぎ 泊雲

春雨や八坂の塔の下をゆく 草城

堀川のあかつきさしぬ春の雨 草城

白良浜の砂に道あり春の雨 草城

生垣のまつさをな葉に春の雨 草城

春雨や添水みにゆく傘二つ 草城

宿の名の春雨傘をさしつらね 虚子

宿のもの春雨傘を一抱へ 虚子

埼玉や桑すいすいと春の雨 悌二郎

春雨にぬれたる髷を撫でにけり 淡路女

春雨に鳥の古巣の濡るゝさま 青邨

春雨や初午よりの古幟 悌二郎

田の中の大切株や春の雨 風生

渓深く春雨傘をつらねけり 風生

枯苔をぬらしはじねむ春の雨 石鼎

春雨や苔を流るゝ水幾条 石鼎

桶替へて住みかはりをり春の雨 爽雨

春雨の雲より鹿や三笠山 爽雨

春雨の放送塔が高い 山頭火

春雨の夜あけの水音が鳴りだした 山頭火

茂吉
うづたかく生ひ古りにける青苔に春雨ぞ降るあかときにして

人込みの春雨傘にぬれにけり 虚子

春雨にぬれて迎へぬ吉右衛門 虚子

春雨や浪あげて居る虻が島 普羅

春の雨尊きばかりなごみ降る 石鼎

獅子を見て虎へまはりぬ春の雨 石鼎

檻の虎しきりにあるく春の雨 石鼎

春雨や鴨居の金具総飛鶴 石鼎

春雨の音がしてくる楽しさよ 青邨

春雨の双子山あり軒やどり 青邨

一どきに葉雫またも春の雨 立子

竹林にすき見ゆ家や春の雨 虚子

春雨や松の逆枝みなくろし 石鼎

春の雨白に滴をつづりては 石鼎