和歌と俳句

春の雨 春雨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

うるほえる天神地祇や春の雨 虚子

春雨のやめば照りいづ花崗岩 林火

春雨の相合傘の柄漏りかな 虚子

春雨のかくまで暗くなるものか 虚子

春の雨ひびけりいつの寝覚にも 草城

中庭に向ふ戸さゝず春の雨 秋櫻子

美しやとて立ち出でぬ春の雨 立子

春雨に濡るるがままの渡り廊 虚子

深々と春雨傘をさせる人 虚子

春雨のうたたね覚めて謡かな 虚子

砂みちを来しつかれなり春の雨 万太郎

濡縄に牽かれ春雨日本犬 草田男

春雨の音滋き中今我あり 虚子

はるさめに一しほ松の群るるかな 万太郎

鎌倉に清方住めり春の雨 万太郎

いづかたも水行く途中春の雨 耕衣

春雨が鼻つたひ貧しくたくましき 綾子

春の雨五慾の妻が祈念せり 草城

竹藪の奥もの深く春の雨 虚子

ボストンは楡の大樹に春の雨 立子

岩かげの落葉は濡れず春の雨 風生

山々に雲居を平ら春の雨 爽雨

句座にして今のまどろみ春の雨 爽雨

春雨や一生庵の割子蕎麦 万太郎

落木の相美しく春の雨 風生

春の雨ひとり娘のひとり旅 草城

国境はポプラ並木や春の雨 立子

春雨の音に目ざめし旅がへり 虚子

春雨や枯らすに惜しきいのちの根 万太郎

春雨や奇しくも癒えしわらは病 万太郎

山かくす雲のゆききや春の雨 万太郎

春雨にぬれもこそすれ受験生 万太郎

旅終わりつゝあり京の春の雨 立子

春雨や藁の満ちゐる納屋の闇 林火

つくばひの全身濡るる春の雨 風生

見舞のリラ葉をひろげけり春の雨 波郷

喉切つて声失ひぬ春の雨 波郷