和歌と俳句

春の雨 春雨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

蓮いけにふる春の雨佇ちてあり 万太郎

春雨や蛇籠を積んで下る舟 青邨

シネマ観て出て来てひとり春の雨 草城

春雨や地のやはらかき服を着て 草城

天守より鷺追ふ声や春の雨 爽雨

ひとときの春雨やみし池の面 立子

枯枝に春雨雫結びては 立子

敷き馴れしわが座布団や春の雨 みどり女

葦の穂の今朝こそくろし春の雨 しづの女

ぐわんと譜すればぐわんとピアノや春の雨 石鼎

のぼらずて見る頂や春の雨 石鼎

うたた寝の頬にただむきや春の雨 石鼎

苔ぬれてしげき春雨音あらぬ 秋櫻子

わがきくは治承寿永の春の雨か 秋櫻子

春雨や一ッ時刻をたがへゐし 蕪城

病人に遅き朝餉や春の雨 蕪城

春雨に濡れては乾く古城かな 虚子

春雨やくらげはものの淋しき味 鷹女

春雨の三時も過ぎぬ四時近き 汀女

春雨の旅のポストの色褪せて 汀女

春雨の上りし土を掃いてをり 立子

しとしとと雨しとしとと春の雨 草城

春の雨遠い電車を待つてゐる 草城

春雨に汝も濡れて園の犬 風生

棕梠の毛のくらきところや春の雨 石鼎

春雨や江南の乙女機を織る 青邨

春の雨といへどなかなかはげしけれ みどり女

春雨の止む明るさに蜘蛛の糸 汀女

傘させば銀座の春の雨強し 汀女

春の雨苗すこやかに届きけり 久女

春雨や土押し上げて枇杷二葉 久女

春雨の畠に灯流す二階かな 久女

春雨や畳の上のかくれんぼ 久女

菓子ねだる子に戯画かくや春の雨 久女

家居より外出尚よし春の雨 みどり女

春雨や帰郷といひて荷一つを 汀女

もつれつゝとけつゝ春の雨の糸 花蓑

捨鍬の次第に濡れて春の雨 青邨

春雨は街のともしびに情あり 青邨

鐘つけば春雨の音鐘の音 赤黄男

破れ傘を笑ひさしをり春の雨 虚子

春雨や茶屋の傘休みなく 虚子

春雨の傘の柄漏りも懐しく 虚子

春の雨街濡れSHELLと紅く濡れ 風生

ガソリンの真赤き天馬春の雨 風生

鶲見し眼に火食鳥春の雨 石鼎

濡れてゆく女や僧や春の雨 虚子

絨毯を踏むやまつたく春の雨 楸邨

惜しみなく枯萱濡るる春の雨 風生

春雨のくらくなりゆき極まりぬ 虚子

春雨の帷垂らせる三輪の山 たかし

春雨の雲居る山に家居かな たかし

くらきこころ人に見らるる春の雨 林火

学校やもの読める声春の雨 占魚