和歌と俳句

杉田久女

次のページ

春寒や刻み鋭き小菊の芽

麦の芽に日こぼす雲や春寒し

春寒の髪のはし踏む梳手かな

揃はざる火鉢二つに余寒かな

鳥の餌の草摘みに出し余寒かな

春暁の窓掛け垂れて眠りけり

春暁の夢のあと追ふ長まつげ

草庵やこの絵ひとつに春の宵

小鏡にうつし拭く墨宵の春

春の夜のねむさ押へて髪梳けり

春の夜や粧ひ終へし蝋短か

春の夜のまどゐの中にゐて寂し

ゆく春やとげ柔らかに薊の座

ゆく春の流れに沿うて歩みけり

のぞき見ては塀穴ふさぐ日永かな

あたたかや水輪ひまなき庇うら

あたたかや皮ぬぎ捨てし猫柳

淡雪にみな現はれし葉先かな

東風吹くや耳現はるるうなゐ髪

船板に東風の旗かげ飛びにけり

春の雨苗すこやかに届きけり

春雨や土押し上げて枇杷二葉

春雨の畠に灯流す二階かな