和歌と俳句

杉田久女

前のページ← →次のページ

ぬかづけばわれも善女や仏生会

無憂華の木蔭はいづこ仏生会

葺きまつる芽杉かんばし花御堂

靴買うて卒業の子の靴磨く

卒業やちび靴はくも今日限り

青き踏む靴新らしき処女ごころ

卒業の子に電報すよきあした

炊き上げてうすき緑や嫁菜飯

かきわくる砂のぬくみや防風摘む

防人の妻恋ふ歌や磯菜摘む

元寇の石塁はいづこ磯菜摘む

蕗の薹ふみてゆききや善き隣

磯菜つむ行手いそがんいざ子ども

甦る春の地霊や蕗の薹

水上へうつす歩みや濃山吹

盆に盛る春菜淡し鶴料理

落椿の葉くぐり落ちし日の斑かな

蒼海の波騒ぐ日や丘 椿

花ふかき館に径ある夜宴かな

花莟む梢の煙雨ひもすがら

襟巻に花風寒き夕べかな

たもとほる桜月夜や人おそき

せせらぎに耳すませ居ぬ山桜