和歌と俳句

花曇り

山水のいよいよ清し花曇り 蛇笏

病床の裾の小窓や花ぐもり みどり女

山守のいこふ御墓や花ぐもり 不器男

杉山の杉籬づくり花ぐもり 不器男

種を置く土濃さや花曇 石鼎

花曇り別るゝ人と歩きけり 淡路女

しろたへの砂を湛へて花ぐもり 草城

ペン皿のうすき埃や花曇 風生

篁の穂の光含み花ぐもり 草城

著重ねて一人おかしく花曇り かな女

花曇ふくみし水のひややけく 汀女

うしなひしものをおもへり花ぐもり 草城

花曇鶯笛をふいてをり 万太郎

花曇り昨日の船の今日は無き 汀女

鴨のむれはるかに居りぬ花ぐもり 

うしなひしものをおもへり花ぐもり 草城

まなびやへ子等はい行きて花曇 波郷

みづとりの鵜の鳥わたり花ぐもり 悌二郎

賽銭の落つるひびきや花ぐもり 万太郎

露地のまた露地の奥なり花曇 万太郎

ゆで玉子むけばかがやく花曇 汀女

花ぐもりの窓から煙突一本 山頭火

松の鳶鴉とかはり花曇 石鼎

崖土をとび出し蜂や花曇 石鼎

花曇下に八重引く霞かな 石鼎

見えそむる草のかたちや花曇 石鼎

蜘蛛の囲に何かつき居り花曇 石鼎

幽明の別はありけり花曇 かな女

杉林のしかかりをり花ぐもり 万太郎

つぎかへてまた冷えし茶や花曇 万太郎

歯茎かゆく乳首かむ子や花曇 久女

嵐山の枯木もすでに花曇 久女