和歌と俳句

暖か ぬくし

あた ゝかやはきかへさせる馬の沓 万太郎

あたたかに灰をふるへる手もとかな 万太郎

あたたかや水輪ひまなき庇うら 久女

暖かき燈が廚より雪にさす 誓子

塀沿ひに村あたゝかや西大寺 爽雨

暖に笑ひこぼるゝ会釈かな 淡路女

あたたかや荼毘堂灯る桃の昼 蛇笏

暖かや枯木の影が手をひろぐ 汀女

石の上に子等寝て見せぬ暖かし 汀女

乳母車降りて転びぬ暖かき 茅舎

見下ろして犬に吠えられ暖かし 汀女

あたたかにひそかにさしてくる日かな 万太郎

あたたかや雨の力を洋傘に感ず 林火

あたたかに籬々を学校へ 汀女

あたたかや人のねたみと聞きながし 万太郎

あたたかく牛にわが影あてて撫づ 林火

あたたかき夜やダイヤルにのぼす手も 汀女

暖かやいつも貧乏してをりて 立子

暖かやぬぎし草履のもえぎ色 立子

あたたかく牛にわが影あてて撫づ 林火

踏みはづす手乗り文鳥あたたかや 不死男

暖かし池水を掃く禿箒 風生

小波の小魚とも見えあたたかし みどり女

川上も川下もわかず暖かし みどり女

あたたかや起立助ける妻の肩 不死男