田螺 たにし

袖よごすらん田螺の蜑の隙をなみ 芭蕉

此市に浅香の沼の田螺うれ 支考

売捨に出るやきのふの田螺取 也有

そこそこに京見過しぬ田にし売 蕪村

拾ひのこす田螺も月の夕かな 蕪村

なつかしき津守の里や田螺あへ 蕪村

静さに堪えて水澄たにしかな 蕪村

鍬濯ぐ水や田螺の戸々に倚 蕪村

泥澄てそこらに見ゆる田螺哉 召波

はづかしと客に隠すや田螺あへ 几董

三日月や田螺をさぐる腕の先 一茶

小盥や今むく田螺辷あそぶ 一茶

三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 陽炎 土筆 蒲公英 紫雲英 薺の花 虎杖 春蘭
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図