和歌と俳句

お水取り 修二会

芭蕉 (野ざらし紀行)
水とりや氷の僧の沓の音

爽雨
水取や磴につきたる火屑みち

憲吉
時雨して奈良はさむけれ御水取なほ二月堂に行を終らざる

憲吉
如月を奈良いにしへの御ほとけに浄き閼伽井を汲む夜にぞあふ

爽雨
水取や僧形も見ず詣で去る

草城
お水取猫の恋愛期も過ぎて

爽雨
水取も十日の磴に火屑つむ

爽雨
水取の炬火の上堂間をおかず