和歌と俳句

月見草 待宵草

ひらくより大蛾の来たる月見草 淡路女

富士の霧圧倒し来る月見草 風生

月見草墓前をかすめ日雨ふる 蛇笏

月見草夜潮あそびの人通ふ 月二郎

月見草灯よりも白し蛾をさそふ しづの女

月見草勤労の歩のかく重く しづの女

かの母子の子は寝つらんか月見草 草田男

月見草咲くと襷や夕炊ぎ たかし

アセチレン瓦斯の手入れよ月見草 茅舎

月見草蛾の口づけて開くなる たかし

月明の蛾の跳梁や月見草 たかし

月見草無理な小言をいはれけり 万太郎

月見草ささげ改札口いで来 万太郎

月見草旦の露のみどりなる 茅舎

黄の上にみどりの露や月見草 茅舎

月見草ランプの如し夜明け前 茅舎

咲ききりて動きやまずよ月見草 立子

月見草かく美しき宵ありき 立子

影絵劇一団下車す月見草 青邨

濁流に花かざしゐるよ月見草 亜浪

月見草白沙を神の御前まで 普羅

月見草大輪能登の夜をありく 普羅