和歌と俳句

竹下しづの女

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

鳥雲に児を措きて嫁す老教師

影させしその蝶にてはあらざりき

夏帽や女は馬に女騎り

シクラメン花の裳をかかげ初む

大いなる月こそ落つれ草ひばり

秋晴の名ある山ならざるはなく

月代は月となり灯は窓となり

十三夜日記はしるすことおほき

流材に紅葉とぼしき双の岸

颱風の去にし夜よりの大銀河

学校の音春眠を妨げず

鯖提げて博多路戻ることもあり

茸狩るやゆんづる張つて月既に

窓しめて魂ぬけ校舎干大根

山をなす用愉ししも母の春

子をおもふ憶良の歌や蓬餅

おすや貧窮問答口吟み

花菜散る糟屋群をたもとほり

遠の灯の名ををしえられ居て涼し

一枚の濃紫せる紅葉あり

枝ながらそなへあり山の寺

迅し山は紅葉をいそぎつつ

旅衣時雨るるがまま干るがまま

旅疲れかくして語る夜長妻

青春の仏のかほと見まゐらす