和歌と俳句

墓参り

御墓参のなみだをかくす故山かな 蛇笏

香煙や一族まゐる藪の墓 蛇笏

郷国の秋ふけやすし墓参り 月二郎

暁の城の下ゆく墓参かな 播水

白足袋の父にすたがふ墓参かな 播水

稲原の吹きしらけゐる墓参かな 不器男

溝川に花篩ひけり墓詣 不器男

姪どもの走せ先立てる墓参かな 風生

樫の実を掃くばかりなる墓掃除 風生

花とつて臘白の頬や墓詣 蛇笏

掃苔の谷のけむりや鳥辺山 爽雨

墓参みち迷ほもしつつ久しぶり 爽雨

墓参路や帯まであがる露しぶき しづの女

掃苔や景行帝の御所ちかく しづの女

真額に由布嶽青し苔を掃く しづの女

掃苔の掃きにごしたる流かな 爽雨

掃苔や初めて来つる父祖の国 淡路女

かんばせを日に照らされて墓詣 茅舎

小風呂敷いくつも提げて墓詣 しづの女

村人に轡をとらせ墓詣 しづの女

四五人の村人伴れて墓詣 しづの女

掃苔の手触りて灼くる墓石かな しづの女

お天守に鳶の鳴く日の墓詣 茅舎

詣づればお天守見ゆる父の墓 茅舎

ちちははの墓に詣でて和歌めぐり 茅舎

ただ一人少年墓を拝みけり 月二郎

只一つある子の墓にまゐりけり 月二郎

城山の桑の道照る墓参かな 久女

掃苔の葛ひろびろと薙ぎはじむ 爽雨

墓参して瞳の鮮しき童女かな 蛇笏

残したる任地の墓に参りけり 虚子

墓の道狭められたる参りけり 虚子

家建ちて厨あらはや墓参り 虚子

ふるさとは雲の絶えまの墓参かな 蛇笏

墓参する帯の金銀つゆしぐれ 蛇笏

苔の道辷りしあとや墓まゐり 虚子

朝顔の鉢を置きたる墓の前 虚子

山ゆきて花おびただし墓詣 蛇笏

閼伽さげて遠まはりする山の墓 蛇笏

山畑の孤つ家もする墓まゐり 蛇笏

海の村出でていづくへ墓詣 誓子

墓参より帰りて海人の褌ひとつ 誓子

二家族うち連れ戻る墓参かな 素十

垂乳根のよはひの秋の墓参かな 麦南