和歌と俳句

吉武月二郎

大風に草踏みつけて墓参かな

送火の手に応ふるや夕嵐

桔梗や忌日忘れず妹の来る

夕雨や落穂拾ひのまだ歩く

穂芒やはたとなくなる夕日影

人去りし座のぬくみ踏む秋夜かな

鳳仙花泊りに飽いて二三日

炎々と燃ゆる無月の竃かな

父母の霊移して秋の仮寓かな

木槿咲くや畑の中の父母の墓

二三人立ち添ふ影の門火かな

立ち出でて我家ながめぬ秋の暮

谷川を一つ流るる燈籠かな

滝壺に捨て沈みたる盆供かな

病人にしげき手紙や雁の秋

一筋に落ち合ふ路や魂送り

瀬に触れて揺れかはしたる燈籠かな

秋涼し巽がかりに箒星

生身魂思ひつづれぬ影のあり

郷国の秋ふけやすし墓参り

大幹や右に左に鹿の道

はろばろと潮に流るる案山子かな

いたつきの人の活けたる尾花かな

山寺の掃かれてきよき秋日かな