和歌と俳句

吉武月二郎

鶯の囮につきし二月かな

青麦や畠の中の夜学校

山伏の貝吹き通る焼野かな

や鳥居の内の旅籠町

菜の花に風呂焚く壬生の踊衆

雁風呂や雨こぼれ来て潮平ら

住吉の松の花ちる苗田かな

木の芽伸ぶ如く生活面白し

独活掘りのまたつかまへぬ兎の子

白酒や蘇鉄の月に女来る

春雷や花散りかかる太柱

種蒔くに空深く鳴く雲雀かな

海棠や縁にこぼれて傘雫

苗代の灯に靄下りし深夜かな

子を連れてしばらく拾ふ 椿かな

住み侘びて花の木の間の夕まぐれ

大松に吹かれよどめるかな

初花に夜を立ち出でし主かな

踏青や風に向ひて懐手

妻や子に看られて病める弥生かな

春昼や答へありたる外厠

地に下りて浮足踏める仔猫かな