赤人
あしひきの山谷越えて野づかさに今は鳴くらむうぐひすの声

家持
うち霧らし雪は降りつつしかすがに我家の園にうぐひす鳴くも

家持
うち靡く春ともしるくうぐひすは植木の木間を鳴きわたらなむ


新古今集・雑歌 道真
谷深み春のひかりのおそければ雪につつめるうぐひすの声

古今集 よみ人しらず
梅がえにきゐる鶯 春かけて鳴けども いまだ雪はふりつつ

古今集 大江千里
鶯の谷よりいづるこゑなくは 春くることをたれか知らまし

古今集 躬恒
しるしなきねをもなくかな鶯のことしのみちる花ならなくに

古今集 貫之
なきとむる花しなければ鶯もはてはものうくなりぬべらなり

後撰集 よみ人しらず
かきくらし雪はふりつつしかすがにわが家のそのに鴬ぞなく

後撰集 よみ人しらず
花だにもまださかなくに鴬のなくひとこゑを春とおもはむ

後撰集 躬恒
いもが家のはひいりにたてる青柳に今やなくらん鴬の声

拾遺集 素性
あらたまの年立帰る朝よりまたるる物は鶯のこゑ

拾遺集
氷だにとまらぬ春の谷風にまだうちとけぬ鴬の声

後拾遺集 能宣
山たかみ雪ふるすよりうぐひすのいづる初音は今日ぞ鳴くなる

後拾遺集 源兼澄
ふるさとへ行く人あらばことづてむけふ鶯の初音ききつと

後拾遺集 元輔
うぐひすの鳴く音許ぞきこえける春のいたらぬ人の宿にも

好忠
うち霞みたづきも見えぬ春の野に聲を知れとや鶯のなく

好忠
山里の梅の園生に春日すら木づたひ暮すうぐひすの聲

源氏物語・まぼろし
植ゑて見し花の主人もなき宿に知らず顔にて来居る鶯

経信
鶯のねこそはるかに聞ゆなれこや山里のしるしなるらむ

俊頼
うぐひすは 春まちつけて いつしかの もりのたままに こゑならすなり

俊頼
春ぞとは 霞にしるし うぐひすは 花のあたりを そこと告げなむ

俊頼
いとどしくこゑなつかしきうぐひすははねもや梅の香にかほるらむ

俊頼
くれなゐの梅が枝になくうぐひすはこゑの色さへことにぞありける

千載集 藤原顕綱
春立てば雪のした水うちとけて谷のうぐひす今ぞ鳴くなる

新古今集 後鳥羽院
鶯の鳴けどもいまだ降る雪に杉の葉しろきあふさかの関

西行
憂き身にて聞くも惜しきは鶯の霞にむせぶ曙の山

西行
鶯のこゑぞ霞にもれてくる人目ともしき春の山里

西行
鶯の春さめざめとなきゐたる竹の雫や涙なるらむ

西行
白河の春の梢のうぐひすは花の言葉を聞くここちする

西行
山深み霞こめたる柴の庵に言問ふ物はうぐひすの声

西行
うぐひすの声に悟りを得べきかは聞くうれしきもはかなかりけり

西行
過ぎてゆく羽風なつかしうぐひすのなづさひけりな梅の立枝に

式子内親王
鶯もものうく春は呉竹のよがれにけりな宿もさびしき

俊成
いつしかとたか木にうつれかすが山谷の古巣をいづる鶯

定家
雪の内にいかでをらましうぐひすのこゑこそ梅のしるべなりけれ

定家
春きぬとかすむけしきをしるべにてこずゑにつたふ鶯のこゑ

定家
峯の松たにの古巣に雪きえてあさひとともにいづるうぐひす

西行
古巣うとく谷の鶯なりはてばわれやかはりてなかんとすらん

西行
色にしみ香もなつかしき梅が枝に折しもあれや鶯の鳴く

定家
鶯の宿しめそむるくれ竹にまだふしなれぬわかね鳴くなり

定家
里わかぬ春の光を知りがほにやどをたづねてきゐるうぐひす

俊成
さらねども難波の春はあやしきをわれ知り顔にうぐひすのなく

俊成
浅緑おのが色とや思ふらむ柳のえだに鶯の鳴く

俊成
関こゆる春の使ひや行きやらぬ音羽の山のうぐひすのこゑ

定家
あはれいかに霞も花もなれなれて雲しく谷にかへるうぐひす

定家
松の葉も 春はわけとや 夕づく日 さすや岡邊に 来ゐるうぐひす

俊成うぐひすも千代をや契る年を経て変はらぬこゑに春を告ぐらむ

良経
雪は残り花もにほはぬ山里にひとり春なるうぐひすのこゑ

良経
雪折れの松を春風ふくからにまづうちとくるうぐひすのこゑ

定家
春来てはいくかもあらぬ朝戸いでに鶯きゐる里のむらたけ

定家
春くればのべにまづさく花のえをしるべにきゐるうぐひすのこゑ

実朝
うちなびき春さりくればひさき生ふるかた山かげにうぐひすぞなく

実朝
春雨の露もまだひぬ梅が枝にうは毛しほれてうぐひすぞなく

定家
松の葉は今もみゆきの古里にまづあらはるるうぐひすのこゑ

定家
みやこ出でてとほ山鳥の狩ごろも鳴く音ともなへ谷の鶯

定家
山がつのそのふに近くふし馴れてわが竹がほにいこふ鶯

家隆
思ふどちそこともいはず行暮ぬ花の宿かせ野辺の鶯

立春 早春 春浅し 二月 初午 雪解 残雪 春寒 余寒 冴え返る 猫の恋 野を焼く 山焼く 蕗の薹 紅梅 実朝忌 三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀
お得区案内図