和歌と俳句

鶯は鳴瀬のかたに啼き出でぬ 誓子

老幹の横たはるあり夜の梅 素十

鶯の啼き間違ひをして遊ぶ 夜半

鶯や山川の瀬のしろじろと 草城

うぐひすのこゑのさはりし寝顔かな 草城

鶯の声の大きく静かさよ 虚子

大風の中の鶯聞こえをり 風生

鶯のけはひ興りて鳴きにけり 草田男

鶯の一つの声の向ふ山 草田男

鶯や昼大いなる玉の声 石鼎

鶯や海のやうなる杉木立 風生

鶯に花摘の跡たどりけり かな女

鶯や御幸の輿もゆるめけん 虚子

茂吉
厳島に一夜やどれば鶯は止まず鳴きたりこゑなつかしも

うぐひすのこゑのさはりし寝顔かな 草城

うぐひすや寝起よき子とはなしゐる 立子

篠笹を踏みて鶯啼きにけり かな女

鶯はけさも来鳴くよ子の目ざめ 

雪の上ぽつたり来たり鶯が 茅舎

濡れた藪うぐひすのこゑもむれてゐる 草城

潮騒や朝うぐひすの音のひそか 草城

鶯や桐里町へ小盗人 茅舎

鶯が鳴くゆゑ路が遠きなり しづの女

鶯や友真直ぐに獄ゆ出で来し 草田男

峰鶯谷鶯へ四肢投げ出す 草田男

鶯は近く妻もしづか吾もしづか 青邨

一天や鶯の声充ち満ちぬ 茅舎

鶯歌ふ御空に朴の葉の車輪 茅舎

鶯や落暉は瑠璃の天を衝き 茅舎

一天や鶯の声透き徹り 茅舎

鶯の声澄む天の青磁かな 茅舎

鶯に雲一つなき夜明かな 石鼎

はるかにも鶯啼きぬ野にたてば 石鼎

地神社の石に鶯かそけくも 石鼎

鶯やかまどは焔をしみなく 多佳子

鶯や焦土の果に人は立つ 楸邨

鶯の下りて色濃し熔岩の盤 普羅

落葉松に高音鶯うしろ向き 普羅