和歌と俳句

秋の風

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

秋風や何の煙か藪にしむ 虚子

蠅が打つ手のかげが秋風 山頭火

秋風や先の消えたる影法師 月二郎

秋風や乗りてあそびし一里塚 かな女

秋風や額のつよき斑ら牛 かな女

秋風に浴衣は藍の濃かりけり 茅舎

人形の窓辺の髪に秋の風 汀女

釘打つて今日はあそぶ子秋風に 汀女

秋風や蔵の窓より額の文字 立子

あきかぜに匂へりわれと磨く靴 三鬼

秋風の波たち来ればうらがなし 亜浪

秋風の川ひろければ旅おもふ 亜浪

秋の風海をけしきの町往来 万太郎

熔岩は灼け草ふく風は秋のかぜ 悌二郎

秋風に山家の蜘蛛の死んで見せ 汀女

秋風や曼珠沙華折れ蜘蛛太り 汀女

丸の内三時の陰り秋の風 汀女

あきかぜの草よりひくく白き塔 三鬼

一山をおほへる葛に秋の風 立子

秋風や障子の内に火打つ音 立子

秋風や脛で薪を折る嫗 草田男

秋の風衣と膚吹き分つ 虚子

榛の木に子鴉むれて秋の風 蛇笏

秋風や花つづけきし金鳳華 汀女

秋風に棟をつなげり法師の湯 かな女

バス待てば犬嗅ぎ寄りぬ秋の風 汀女

秋風や汝が手荷物の釧路行 汀女

地に草に秋風の吹く影法師 蛇笏

秋風やうしろ影ひく火口径 月二郎

秋風をそびらにいそぐ家路かな しづの女

死ぬものも生きのこるものも秋の風 万太郎

帽子すこし曲げかぶるくせ秋の風 万太郎

秋風の草にかけ入る子をよべり 悌二郎

秋風に瓣ゆるみたる薔薇かな 耕衣

秋風や心の中の幾山河 虚子

ふた親のある身秋風ともに流れ 鷹女

秋風ややうやくなじむ国の町 汀女

秋風に人ゐて火口歩き居り 汀女

秋風に歯牙なき口のひた泣ける 誓子

秋風に舌を扁く児が泣けり 誓子

磬架鳴り秋風堂を撼り去る 楸邨

機銃音きかねば一夜秋の風 楸邨

秋の風跫音うしろより来たる 楸邨

秋風に悔は遠からずたちどまる 楸邨