和歌と俳句

秋の風

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

ひとり膝を抱けば秋風また秋風 誓子

秋風に嬰児ひとりうらがへる 誓子

虫売のうしろの河の秋の風 林火

礎石みな踏めば秋風の音こもる 楸邨

飛鳥村秋風に猫を見たりしのみ 楸邨

野を渡り来る秋風に欅立つ たかし

秋の風大萩叢の一端に たかし

秋風に噴水の色なかりけり 虚子

人波の市電をえらみ秋の風 汀女

見つむれば訝かる吾子に秋の風 草田男

崖うつて秋風かへす音なりき 楸邨

青竹の俄に近く秋の風 楸邨

木の股の抱ける暗さや秋の風 虚子

茄子畠は紺一色や秋の風 虚子

翡翠の淵あり瀬々は秋の風 秋櫻子

母を訪ふ足音ながらに秋の風 耕衣

獄窓に掬ふ秋風とて細し 不死男

秋風や浅草はいつも祭めき 立子

簗打つて山河引き緊む秋の風 たかし

東京に麦飯うまし秋の風 波郷

秋風の厨ゆたかに今日も暮れぬ 亞浪

波来れば立つ巌鳥や秋の風 亞浪

秋風や影としもなき石の影 亞浪

秋風や網の小鯛の十ばかり 亞浪

秋風や片側ぬるる神の松 普羅

秋風に海女の襦袢は飛ばんとす 普羅

秋の風陽を吹きはやめみゆるかな 蛇笏

ひつそりと起きて草取る秋の風 みどり女

印南野に初見の鳶や秋の風 耕衣

草を吹き鉄管に入る秋の風 不死男

秋風の吹くこそ楽し酒の中 波郷

夕富士をみつむる顔や秋の風 波郷

嶋々のみたまを夢に秋の風 蛇笏

つまさきに見る母が居や秋の風 耕衣

秋風にライトブリユーの帆は三崎 青邨

秋風や薄着の躰吹き通る 誓子

壁を負ふ後髪をば秋の風 草田男

秋風やうれしきことに涙ぐみ 立子

秋の風萬の祷を汝一人に 波郷