和歌と俳句

秋の暮

そこはかとなき雑音や秋の暮 禅寺洞

塵取をこぼるる塵や秋の暮 草城

芥火に風定めなし秋の暮 草城

白川の秋の暮なる瀬音かな 草城

さみし身にピアノ鳴り出よ秋の暮 久女

まろ寝して熱ある子かな秋の暮 久女

閉ぢしまぶたを落つる涙や秋の暮 久女

我ドアを過ぐ足音や秋の暮 久女

帰り路を転び給ふな秋の暮 久女

そこはかと茶の間の客や秋の暮 茅舎

門入れば竃火見えぬ秋の暮 素十

まつすぐな道に出でけり秋の暮 素十

峰つくる雲もなごりや秋の暮 万太郎

木隠りの沼のあをあをと秋の暮 草城

旅人にをちこち灯る秋の暮 草城

青杉に沈める寺の秋の暮 草城

秋の暮通りぬけたる天龍寺 播水

寂光院みあかしつきぬ秋の暮 青邨

移り来し家の煙や秋の暮 月二郎

蒼空や桑くぐりゆく秋の暮 水巴

西方に浄土の富士や秋の暮 水巴

秋の暮並びしバスのひとつ出る 汀女

帰り来しわぎもが声や秋の暮 月二郎

子を抱いてわぎも見に出ぬ秋の暮 月二郎

厩ある姥子の宿の秋の暮 たかし

駆けだして来て子の転ぶ秋の暮 万太郎

ひたすらに人等家路に秋の暮 汀女

わが肩に触りゆく人も秋の暮 汀女

また読みしいつものネオン秋の暮 汀女

人のごと小鳥もぬくし秋の暮 汀女

子とありて笑へる声や秋の暮 汀女

夕やけのさめたる水や秋の暮 石鼎

鹿寄せの笛まだ鳴らず秋の暮 かな女

秋の暮山の木なべて日になびく かな女

人人を待つ吾れ人を待つ秋の暮 青邨

灯の入りし公衆電話秋の暮 汀女

打ち止めて膝に鼓や秋の暮 たかし

書架すでに暗き背文字も秋の暮 汀女

よこたはるからたち垣や秋の暮 耕衣

仮橋を先立つ犬や秋の暮 汀女

秋のくれ供待灯る門を過ぐ 爽雨

秋の暮巨き雲負ひて街にあり 楸邨

秋の暮業火となりて秬は燃ゆ 波郷