和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

もの知りの長き面輪に秋立ちぬ

初秋や軽き病に買ひ薬

墓拜む人の後ろを通りけり

業を繼ぐ我に恥無し墓参

花提げて先生の墓や突当り

端近く連歌よむ灯や露の宿

相慕ふ村の灯二つ虫の声

大いなるを簾に印しけり

月のみにかかる雲ありしばしほど

月に飽きて明星嬉し森の上

鵜籠置く庭広々と鶏頭花

鵜籠負うて粟の穂がくれ男行く

秋風に鵜を遣ひけり唯二匹

秋風にいつまで遇はぬ野路二つ

露けさに障子たてたり十三夜

三人は淋しすぎたり後の月

朝寒や行き遇ふ船も客一人

荻ふくや提灯人を待つ久し

荻吹くや葉山通ひの仕舞馬車

牛の鼻繋ぎ上げたる紅葉かな

竹青き紅葉の中の筧かな