和歌と俳句

山口誓子

頚出して身を出して鳩初空へ

童男も男修二会に参じたり

修二会見る桟女人の眼女人の眼

火が痩せて痩せて修二会の駆け廻る

永き日を千の手載せる握る垂らす

直立塔そこに雀の親の声

の巣の羽落ち落ちて地に達す

春潮に船路を開けて船繋る

春の潮鉄にペンキの設計図

入学を待つ寝台のニス匂ひ

西方に満開桜だだ日洩れ

犬の眼の緑に光る桜の夜

禅の天藤房暗く懸りたり

棚壊えて白藤咲けり達治以後

万緑に薬石板を打ち減らす

民民と良寛の詩の鳴けり

夜涼の燈一列島も陸もなし

岬で二分け夏の海夏の海

夜長航く仰臥の下をうねり波

砂利の浜直ぐに深海秋日和

西は石見の沈痛な秋夕焼け

月の夜に開扉三処の三体仏

指さきにざらざらの香月に燻ぶ

奈良の山出ての上に来る

の幹しづやかなる負荷に堪へ