和歌と俳句

山口誓子

降る雪に太陽光の通路あり

傾けて火口の雪をすこし見す

夜の枯野開拓村の燈がちらと

茫々と悲しき視界枯蘆原

刈りて横たへ枯蘆のこの長さ

芸事は寒し祇園の畳にて

一力の塗籠鎖して大石忌

大石忌菜飯田楽とは悲し

忌に舞へる八千代酔うたる良雄にて

毛氈おめくれを正す大石忌

雪解けて黒き宝永噴火山

両岸に脹れて雪解川流る

雪解川家持のその川渡る

雪解けて乾きし越の地の表

菅笠の農婦の母と新入生

雪嶺の尾根が陥ち来て親不知

椿咲く崖を下り来て親不知

天険に椿礫を鳴らす浪

南無冬の浪の難所に女濡れ

裏返しあり禅寺の荒鋤田

花の上北十字星十字切る

藤咲きて離宮に擬ふ竹の縁

鯉集ふ藤の落花を食べんとて

山窪は蜜柑の花の匂ひ壺

沖合に香を張り出せる花蜜柑