和歌と俳句

山口誓子

ある限り出羽の浮雲夕焼け

夕焼の黒くなりゆく出羽の国

雪渓に水分の神立ち給ふ

雪渓の下なる賽の河原思ふ

冷泉にしぼりしタオル眼ひやす

大河いま停滞の時夏座敷

炎天に清流熱き湯なれども

炎天の噴湯を見れば太初なり

みな紅き尾燈去りゆくビヤガーデン

夏の暮テトラポットの亡者達

悲しみが立てるよ奈良雲の峰

山越しに峰雲太平洋のもの

風鈴を吊る海よりの広き風

火の道のばらばらに解け揚花火

一夜仏の許に遺髪あり

墓所とせし淡水の湖照らす

に傷み提燈黒き修験道

北海のの中にて神隠し

いつも忌に横顔の子規老いし子規

枯原を見て風葬をあやしまず

日向ぼこ蜜柑山にて糖化して

寒造り渚の如く米沈む