和歌と俳句

夕焼け

民の間に絶えし金色夕焼に 草田男

夕焼の天の隅々うらがなし 誓子

夕焼けて西の十万億土透く 誓子

俤は笑顔ばかりぞ夕焼けぬ 楸邨

手を挙げる天の夕焼長ければ 誓子

老顔として夕焼に染まるなり 耕衣

夕焼のすさまじかりし語り草 万太郎

夕焼に壁のマリヤの染まりつつ 青邨

百千の合掌天の夕焼に 耕衣

夕焼けの牛の全身息はづむ 三鬼

路地ぬけて遠夕焼の一世界 楸邨

子が泣ける家の奥へと夕焼け来 楸邨

夕焼に柵して住む煙突を出し 多佳子

物として我を夕焼染めにけり 耕衣

崖下へ帰る夕焼頭より脱ぎ 三鬼

夕焼の今退くや竃の火 汀女

水尾のはて由布の夕焼消えむとす 秋櫻子

夕焼の極みのはてに浅間見ゆ 青畝

夕焼一筋なにに身を尽す澪標 草田男

日本海ほそき夕焼のせて鳴る 三鬼

夕焼の中や聖書の反りもどる 静塔

夕焼濃しとびとどまりし一鳥に 爽雨

ある限り出羽の浮雲夕焼けて 誓子

夕焼の黒くなりゆく出羽の国 誓子

夕焼のさめつつありぬ色ケ浜 青畝

夕焼と何ある山の彼方には 誓子

カンヌ夕焼故国の山に似し山も 汀女

地中海夕焼も白き船も消え 汀女

オホックの夕焼は火の楼をなす 誓子