和歌と俳句

山口誓子

廃山家露霜解けて滴れり

竿の先神経凝らしをもぐ

曼珠沙華すがれて花の老舗たり

街道に障子を閉めて紙一重

飛び立つて十字絣の海の鴨

大景の中飛ぶの粉微塵

船過ぎて鴨の円陣あとかたなし

佐鳴湖に下りゐては畝をなす

誰も見ず明石潮路に鴨一羽

これでよし紙を漉きゐし手をとどむ

大峰のそこには雪の紙を干す

餅搗くに忌火屋殿の火をもてす

初神楽太く神慮に叶ひたり

歩かねばならぬ雪野を人歩く

大雪を見に大雪の国へ行く

雪国の医院いぶせき藁囲ひ

かまくらの雪の祠に幣白し

かまくらの雪の部屋にて朱毛氈

かまくらの明一本の燭で足る

雪嶺ははなびら鎌も御在所も

巌避けて巌に落花少なけれ

げんげ田に吾脇臥北枕

夕焼と何ある山の彼方には

折りし皮ひとりで開く柏餅

笈摺を置く紫のげんげ田に

げんげ田を見尽くし遍路満願寺

矢車が見ゆ廻転を止めしとき