和歌と俳句

山口誓子

豪雪に寝て髪の毛が白くなる

卒塔婆もて雪除となす奥の院

高きより雪崩れて最上川塞ぐ

降るに貝ふく頬をふくらませ

飛び来し方飛び行く方のみな雪嶺

雪嶺より低くなりゆく吾が機席

海の上飛ぶ雪嶺の加護もなく

親不知雪嶺下り来てここに落つ

北海の清きに花水母

市中にて迅速なるは雪解川

焼岳の焼に今年の草青む

キヤムプして大黒鍋を負ひ帰る

流蛍の自力で水を離れ飛ぶ

吾が頭上避けて蛍火通りたり

蛍火を容れ自動車を蛍籠

精霊舟乗せたる酒に傾けり

精霊舟浄土に向ひ湾に沈む

屋根の落ちて地面に激突す

石荒き御垣内まで初詣

髪ながく神を慰む初神楽

悴む手女は千も万も擦る

尼公の遺愛の雛を飾り雛

金泥の雲屏風出て花の雲

眼に捉ふ落花途中の花びらを

春暁の汽笛明石の大門なり