和歌と俳句

山口誓子

一切のこの世のに霧笛鳴る

山脈の果の岬にちちろ鳴く

石炭の尽きし山々紅葉せる

着陸の態勢土佐の垂穂見ゆ

珊瑚礁冬の紅身の肉なるよ

アンテナはホテルの九輪光る

トラックに積もれるの厚衾

北海の幹線雪の狭軌道

雪降らしおのれも白き天狗山

雪嶽の尾根越ゆる道白き道

禅寺の最大の三升餅

初御空峰を守れる孤つ松

天井にまで初釜の湯気昇る

釈迦の足揉みて捻りて涅槃哭く

美女更に美女涅槃哭く顔ゆがめ

紅椿荒石をもて荒瀬とす

水神の龍長堤に花咲かす

馬の子に生れて襟裳岬を食ふ

国後へ突き出す鱒の定置網

峰雲に鉄帽冠る天文台

オホック夕焼は火の楼をなす

国後の青嶺の墓に詣られず

伊吹崩れの生傷絶え間なし

詰め寄せる山無し尾張青田には

石臼を置きて心より井を噴かす