和歌と俳句

蟋蟀 こおろぎ ちちろ虫 つづれさせ

一輛の貨車がもとなるちちろ虫 誓子

こほろぎが鳴くなりわれに頭を向けて 誓子

浅山をわが入り来れば蟋蟀の鳴くこゑがして心は和ぎぬ 茂吉

闇にして地の刻移るちちろ虫 草城

夜昼の声のちちろが貌を出す 耕衣

こほろぎの溺れて行きし後知らず 三鬼

蟋蟀のひきずる影を見まじとす 三鬼

雨の音たかぶるときもちちろ虫 草城

こほろぎや底あたたかき膝枕 草城

菜園やつぶさにしげきちちろ蟲 蛇笏

こほろぎを夫が聴く夜は筆おいて 鷹女

こほろぎが女あるじの黒き侍童 三鬼

燈なき漁家夜は火を焚けりちちろ虫 誓子

くらがりに俯向くことがちちろ虫 誓子

髪を梳きうつむくときのちちろ虫 多佳子

ぬれ髪にちちろは何を告げゐるや 多佳子

その声の場にこほろぎのうつむける 耕衣

こほろぎの真上の無言紅を裂く 静塔

こほろぎが生きをるこゑをよびかはす 多佳子

こほろぎの久しく待ちて音をつづく 汀女

こほろぎや老眼鏡を妻もちふ 草城

こほろぎや押売訴へやまぬ中 波郷

帷かかげ蔵書見たしやちちろ蟲 たかし

尻餅をつけば蟋蟀かなしめり 鷹女

ちちろ声しぼり鉄塔冷えてゆく 三鬼

こほろぎが蜜々鳴きて眠れざる 草城

こほろぎや右の肺葉穴だらけ 草城

われは仰向きちちろ虫は俯向きに 草城

更けしラヂオ低くすちちろ虫よりも 草城

ひと寝ねしのちの月夜やちちろ虫 草城

をちこちにみなちがふ音のちちろ虫 草城

こほろぎや句を考へる妻の顔 草城

身をすざりつつこほろぎの高音かな 汀女

こほろぎや桑の香浸みし飼屋下駄 秋櫻子

われも亦子を叱し得ずちちろ虫 波郷

こほろぎや癒たしかなる朝の飢 波郷

蟋蟀や頭上いつさい責め言葉 楸邨

こほろぎや寄席の楽屋の独り酒 秋櫻子

一雨の暗さ強さよちちろ蟲 汀女

蟋蟀にかへり良寛づかれかな 楸邨

昼蟋蟀蚕部屋へのぼる急梯子 悌二郎

こほろぎや百済古国磚遺す 青畝

藍甕のつぶやく宵やつづれさせ 青畝

こほろぎに破れ綴らす破帽子 不死男

山脈の果の岬にちちろ鳴く 誓子

われよりもすぐに気を変へちちろ鳴く 汀女

こほろぎや風に鍛へし声はずみ 青畝

つづれさせ高麗縁をひと跳びす 青畝