和歌と俳句

西東三鬼

梅雨の山立ち見る度に囚徒めく

ワルツやみ瓢箪光る黴の家

黴の家泥酔漢が泣き出だす

黴の家去るや濡れたる靴をはき

悪霊とありこがね虫すがらしめ

滅びつつピアノ鳴る家蟹赤し

蟹と居て宙に切れたる虹仰ぐ

雲立てり水に死にゐて蟹赤し

深夜の歯白し青梅落ちつづく

晩婚の友や氷菓をしたたらし

ごんごんと梅雨のトンネル闇屋の唄

枝豆の真白き塩に愁眉ひらく

月の出の生々しさや湧き立つ

こほろぎが女あるじの黒き侍童

甘藷を掘る一家の端にわれも掘る

炎天やけがれてよりの影が濃し

炎天の墓原独り子が通る

青年に長く短く星飛ぶ空

モナリザに仮死いつまでもこがね虫

秋雨の水の底なり蟹あゆむ

紅茸を怖れてわれを怖れずや

紅茸を打ちしステツキ街に振る

耕せり大秋天を鏡とし

父と子の形同じく秋耕す

老農の鎌に切られて曼珠沙華