和歌と俳句

伊吹山

紫式部
名に高き越の白山ゆき馴れて伊吹の嶽をなにとこそ見ね

和泉式部
今日も又かくや伊吹のさしも草さらば我のみもえや渡らむ

西行
くれ舟よあさづまわたり今朝なせそ伊吹のたけに雪しまくなり

定家
知られじな霞のしたにこがれつつ君にいぶきのさしも忍ぶと

定家
秋をやく色にぞ見ゆるいぶき山燃えてひさしき下のおもひも

続後撰集・秋 寂縁法師
よとともに もえて年ふる 伊吹山 秋は草木の 色にいでつつ

其ままよ月もたのまじ伊吹山 芭蕉

折々に伊吹をみては冬ごもり 芭蕉

木枕の垢や伊吹に残る雪 丈草

伊吹には雪こそ見ゆれ大根引 支考


天霧ふ息吹の山は蒼雲のそくへにあれどたゞにみつるかも

茂吉
おもおもと雲せまりつつ暮れかかる伊吹連山に雪つもる見ゆ

に伊吹見出でて雨上る 普羅

伊吹嶽残雪天に離れ去る 誓子

藁塚も屋根も伊吹の側に雪 多佳子

伊吹嶺は流石雲居て秋の晴 たかし

撫子や母とも過ぎにし伊吹山 草田男

伊吹山他山に雪を頒け惜しむ 誓子

囮鴨伊吹颪にいきいきと 青畝

鉄路まで伊吹の雪の白厚し 三鬼

青伊吹どこかにヤマトタケルの道 誓子

手捕りたる伊吹ひぐらし鳴き咽ぶ 誓子

照るときの伊吹の鞍や雪起 青畝

枯蓬伊吹の颪すままにあり 青畝

青伊吹崩れの生傷絶え間なし 誓子

伊吹山他山に雪を頒け惜しむ 誓子