和歌と俳句

妙高

西行
かりがねは帰る道にやまどふらむ越の中山かすみへだてて

晶子
妙高の裾野の道は広けれど中に藻のごと虎杖しげる

晶子
妙高の山虎杖のくれなゐの鞭をつくりぬ天馬に乗らん

茂吉
湯田中の川原に立てば北側ははつかに白し妙高の山

茂吉
さむざむと時雨は晴れて妙高の裾野をとほく紅葉うつろふ

茂吉
道草のうごくを見れば妙高の山をおろしてこがらし吹きぬ

茂吉
妙高の裾野のなだり音してぞ木枯のかぜひくく過ぎつも

茂吉
妙高の 裾野うごくと 見るまでに 南のかたに 雲は晴れゆく

茂吉
妙高の 山路を来れば 土くろし みぎりひだりに 蕨もえつつ

茂吉
深襞も 青くなりつつ 消のこれる 妙高のやまの 雪ちかく見ゆ

茂吉
妙高の あらき谿より 幾すぢも 雪解の水は ながれたるらし

茂吉
友とふたり 言も絶えつつ 妙高の 山原焼けし あとのぼりゆく

夜空なる妙高よりぞながる 秋櫻子

妙高へ晨のこゑの雁がわたる 

夜の鉄路乗りかへてより深き 多佳子

雪原を焚きけぶらして鉄路守る 多佳子

除雪車のプロペラ雪を噛みてやすむ 多佳子

妙高の雪は雲間にまかがやき 虚子

妙高の大足暮るる芒かな 不死男

地獄谷

晶子
地獄谷濁れる水のみなもととすなり己れを人うたがはず

晶子
地獄谷湯のみなぎりて湧く時に澄む水をもて上無しとせず

赤倉温泉

晶子
観音の千手のやうにことごとくひとしき丈の赤倉の杉

晶子
赤倉や山にひろごる雲を切る鋏刀をつかふかなかなの蝉

晶子
この夜寝て別れんとする赤倉の山のこほろぎうす月の色

苔の花に温泉煙の見ゆるかな 零余子

ラヂエター鳴りて樹氷の野が暁くる 多佳子

樹氷林ホテルのけぶり纏きて澄む 多佳子

スキー靴ぬがずおそき昼餐をとる 多佳子

深くして厨房の音こもる 多佳子

月が照り雪原遠き駅ともる 多佳子

蕗生ひし畦に置くなり田植笠 秋櫻子

山月や葛ともまがふ山葡萄 秋櫻子

池の平

あけくれに霧ふりの咲きいでる 秋櫻子

ほととぎす窓しらみしとおもふより 秋櫻子

菜畑を拓くや庭にほととぎす 秋櫻子

霧はれて妙高月と空にあり 秋櫻子

白樺の霧しづくして岳晴れぬ 秋櫻子