和歌と俳句

佐渡

荒海や佐渡によこたふ天河 芭蕉

ゆく春に佐渡や越後の鳥曇 許六

鵲の橋かけわたせ佐渡の雁 許六

筋違に寝て涼しいか佐渡の山 支考

紅葉佐渡も見えたり浦の秋 支考

いな妻や佐渡なつかしき舟便り 蕪村

佐渡へ行く舟呼びもどせ御命講 子規

佐渡でいふ国中平小春かな 碧梧桐

佐渡振りを賑ふ臼や寒の内 碧梧桐

能の残る寒き国なり佐渡が島 碧梧桐

海荒れて渡れば佐渡のかな 虚子

晶子

美くしき 佐渡の小島の 隠れ行く 黄昏時と なりにけるかな

晶子

佐渡が島 海も御空の ものとなり やがて山みな 黒雲となる

迢空
寒ざむと 佐渡に向ひて波ひろし。ひたすら 海の色さだまりぬ

迢空
かたよりて 雲の明りの なほ著き海阪につきて、佐渡 低くあり

能舞台裏に夏の山入来 虚子

麦はざに西日厳しき荒磯かな 風生

順徳上皇史跡

山茶花や謫居の跡の寺一字 碧梧桐

山茶花や供御ととのへし民哀れ 碧梧桐

一むらの夏木を囲い奉る 多佳子

蝉しぐれ中に鳴きやむひとつかな 楸邨

外海府海岸

千鳥来るや岬ともなき牛牧場 碧梧桐

聞きわけし海府訛は鱈のはなし 楸邨

春怒濤鶏小屋へ鶏かへりゆく 楸邨