和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

煮るものに大湖の蝦や夏近し

果樹園に積む石ありておぼろかな

さくら餅食ふやみやこのぬくき雨

鮒膾瀬多の橋裏にさす日かな

火なき炉の大いさ淋し春の宿

吉野山奥の行燈や一の午

蛤や鳴戸の渦にあづからず

灯をはこぶ湯女と戦ぐ樹夏の雨

倒れ木を越す大勢や順の峰

祖父祖母も寝しこの宿や順の峰

燈台の浪穂の舟やほととぎす

寺にみつ月のふるさやほととぎす

雨蛙樫のそよぎに雲忙し

泉掬ぶ顔ひややかに鳴く蚊かな

魚板より芭蕉へつづく羽蟻かな

釣人や羽蟻わく舳をかへりみず

蝉鳴くや瀬にながれ出しところてん

赤貧洗ふがごとく錦魚を飼ひにけり

初鰹いたくさげすむ門地かな

鰺釣や帆船にあひし梅雨の中

ふるさとや厩のまどのの川

鮎漁のしるべも多摩の床屋かな

牡丹や阿房崩すと通ふ蟻

夏草や驛の木立に捨て車

葉櫻や嵐橋晴るる人の傘