和歌と俳句

鶏頭 鶏冠 からあい

人の如く鶏頭立てり二三本 普羅

山僧に遅き月日や鶏頭花 蛇笏

羅漢寺の鐘楼の草の鶏頭かな 蛇笏

今年また庵のその生や鶏頭花 蛇笏

地虫いつしか鳴きやみて鶏頭燃ゆるなり 山頭火

憲吉
ゆふさめの寒からぬほどは石にふり濡れそぼちゆく鶏頭のはな

牧水
たけ高くわれ越ゆべしとおもひゐし鶏頭は尺に足らで花咲けり

牧水
くきやかに伸びつついまはわが丈をゆたかにこえて鶏頭咲けり

牧水
はなやかに咲けどもなにかさびしきは鶏頭の花の性にかあるらむ

箒おいてひき抜きくべし鶏頭かな 久女

晶子
鶏頭は憤怒の王に似たれども池にうつして自らを愛づ

牧水
浜つづきすな地の庭にのびいでてくきも真赤き鶏頭の花

鶏冠はもえつく日あり秋の晴 石鼎

鶏頭や団十郎の何の隈 喜舟

鶏頭大きく倒れ浸りぬ潦 久女

八一
あさひさすしろきみかげのきだはしをさきてうづむるけいとうのはな

鶏頭を裂いても怒りとどまらず 草城

鶏頭や花の端焦げて花盛り 草城

鶏頭花古き銀貨の釣銭もかな 万太郎

鶏頭に秋の日のいろきまりけり 万太郎

稲妻のかかりて高き鶏頭かな 風生

鶏頭や温泉煙這へる磧 茅舎

我去れば鶏頭も去りゆきにけり たかし

灰降れば浅間と思ふ鶏頭かな 喜舟

あかつきの雨ふるなかや鶏頭花 万太郎

鶏頭や畳に蟻を見ずなりぬ 悌二郎

鶏頭の首を垂れて枯れんとす たかし