和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

花に打てばまた斧にかへる谺かな

白衣きて禰宜にもなるや夏至の杣

夏風やこときれし兒に枕蚊帳

夏雲濃し厩の馬に若竹に

夏雲のからみてふかし深山槇

臙脂のすさまじき梅雨の鏡かな

夏山や急雨すずしく書にそそぐ

棺桶を舁けば雲ひろき夏野かな

大峰を日わたりて幽き清水かな

水盤に行李とく妻や夏ごろも

なつやせや死なでさらへる鏡山

青巒の月小ささよたかむしろ

むしぼしの巣くふ蟲あるや古鏡

杣の死に斧を祀るやほととぎす

友の死につどへる樵や閑古鳥

灯してさざめくごとき金魚かな

夜深く饗宴の酒をすふ蚊かな

ぬすびとに夜々の雨月や瓜畠

大空に富士澄む罌粟の眞夏かな

山百合にねむれる馬や靄の中

泥舟の水棹たてたる花藻かな

日蔽垂るる水にあかるき花藻かな

舟におちて松毬かろし餘花の岸

青梅のおちゐて遊ぶ精舎の地

飼猿を熱愛す枇杷のあるじかな